保険の選び方から保険相談のおすすめまでを網羅した情報サイト

保険シューレ

保険相談

保険見直し本舗の口コミ&評判!取扱い保険は?店舗の情報や予約の取り方は?

投稿日:

来店型の保険ショップが増えてますね。

よく名前を聞く「保険見直し本舗」などを利用すると便利ですよ。

これまでの会社直営の保険代理店だと、その会社の保険しか勧められないですがら、なかなか他の会社の保険と比較がし難いです。

来店型の保険ショップだと、多くの保険会社の保険資料を見ることが出来ます。それらの中から自分に合った保険を選んだり、また相談員の方に自分に適した保険を提案してもらうこともできます。

全国に展開している来店型保険ショップも増えていますので身近な来店型の保険ショップに足を運んでみるのも良いかも知れません。

ここでは、代表的な来店型保険ショップ「保険見直し本舗」をご紹介し、分かりやすく説明いたします。

保険ショップとは?

まず保険ショップとはどのようなものか説明していきます。

「保険ショップ」はどういうお店?

保険ショップとは、一言で言うと保険の専門店です。保険についての相談や契約手続き、契約後の保険金・給付金の請求など、保険に関するあれこれを一括で行える保険の相談窓口ということになります。

そしてその内実は、複数の保険会社と委託契約を結び、乗合代理店になることで複数の保険商品を提案・販売をしています。

そのため総合保険代理店とも呼ばれています。

店の場所は、ショッピングセンターや駅前、市街地など人が多く集まる場所に出店しています。お客は店に来て保険の相談をします。

これまでは保険会社の営業マンや生保レディーによる訪問型が一般的だったため、販売のスタイルが変わったことを強調する意味合いで、「来店型保険ショップ」とも呼ばれるようになりました。

保険ショップの誕生

ここでは保険ショップについて、その誕生のいきさつなどを簡単に説明して参ります。

保険ショップの登場

保険ショップとして「保険見直し本舗」が登場したのは2001年のことでした。

それまでの保険代理店といえば、特定の保険会社の商品だけを取り扱う店でした。

企業や商店、個人宅などへ営業に行き、契約をとってくる訪問販売が主体でした。

会社勤めの人であれば、会社で営業を受けて契約した経験がある人も多くおられることでしょう。

しかし、10年ほど前から企業のセキュリティーが次第に強化されてきて、外部の人間が気軽に社内に入ることができなくなってきたのです。

そのため、訪問販売での契約数が激減してきて、代理店の経営が厳しくなって来ました。

そのような状況のなかで登場してきたのが、保険ショップということです。

保険ショップの成長

保険ショップでは複数の保険会社の商品の中から、相談者に合った商品を提案します。

訪問販売はせずに、必要とする人が自らショップへ赴くスタイルになります。

開業当初は、まだ保険を契約することを受け身に捉えている人が大多数でした。

そのため当時の保険業界では、ユーザーが自ら足を運んで店に来るなんて考えられない事でした。

しかし、バブル崩壊を機に景気は下降線をたどり、給料も上がりにくくなり、減給になる会社も増えてきました。

そのような社会情勢のなかで、生活費を見直すだけでなく、生活設計を見直す必要に迫られようになってきました。

その影響で、保険のことも積極的に見直さなければという風潮になってきたのです。

さまざまな保険を比較して選べる保険ショップは、その需要に応えることになりました。

それ以降、次第にショッピングセンターや駅ビルなどに、保険ショップが出現してきました。

保険ショップの増加

保険ショップが急増した背景は、前述の時代背景による保険見直しのニーズに加え、1996年の保険業界自由化にはじまり、2002年に保険業や銀行業などの代理店業務が解禁、など規制緩和の影響も大きいと考えられます。

現在は

  • 「ほけんの窓口」(全国599店舗)
  • 「保険見直し本舗」(全国229店舗)
  • 「保険クリニック」(全国173店舗)
  • 「みつばちほけん」(全国90店舗以上)

など多くの保険ショップが全国展開しています。

「保険見直し本舗」とは?

保険見直し本舗とは、

  • 運営企業: 株) 保険見直し本舗・取扱保険会社: 40社以上・店舗数: 252店舗以上・設立:2001年12月
  • 株式会社保険見直し本舗( HOKENMINAOSHIHONPO Co., Ltd.)は、2001年12月に株式会社ウェブクルー(東証マザーズ上場:8767)の子会社として設立
  • 株式会社ウェブクルーは、生命保険代理店業務を行う会社で、ウェブクルーグループの生命保険代理店「保険スクエアbang!」を運営
  • さらに株式会社ウェブクルーは、2014年12月に株式会社光通信の子会社である株式会社ニュートン・フィナンシャル・コンサルティングにより買収

このような保険相談サービスの会社が運営しています。

ところで、来店型保険ショップ「みつばちほけん」も株式会社光通信の子会社です。

「保険見直し本舗」の特徴

「保険見直し本舗」会社の特徴は、

  • 「保険見直し本舗」は、店舗数(252店舗以上)では業界第2位です。全国の方々に保険相談に来ていただき、保険の意義を理解してもらい、保険に加入していただくことを目指している
  • 取扱い保険会社が40社以上と来店型保険ショップでは一番多く、選べる保険の選択肢が広がり、加入者にプラスになる
  • 保険相談員の約9割が女性ということです。女性の保険相談では女性にしかわからないような疾患に対しての保障も多いので、実際には女性の相談員の方が親身になって真剣に相談に乗ってもらうことが可能
  • Million Dollar Round Table (MDRT) という、世界67の国と地域の500社以上で活躍する、卓越した生命保険と金融サービスの専門家の国際的な組織があります。「保険見直し本舗」には、そのMDRT会員が数多く在籍していることでも評判。MDRT会員は卓越した保険商品知識を併せ持ち、非常に厳しい倫理基準を満たして、優れたサービスを顧客に提供していますMDRT会員への相談を希望される場合はお問い合わせしてみるといいでしょう。

「保険見直し本舗」のメリット

「保険見直し本舗」を利用するメリットについて、ダブルところはありますが、説明いたします。

「保険見直し本舗」のサービスは無料

「保険見直し本舗」が提供する「保険相談(新規・見直し)」「保険提案」「加入手続き(契約)」「アフターフォロー」など、各種サービスはすべて無料です。

コンサルティング料や事務手数料など、料金が発生することはありません。

また何度相談されても無料です。就職や結婚・出産など、ライフステージの変化に合わせた保険の見直しも、いつでも無料で利用できます。

「保険見直し本舗」は保険の販売代理店であり、提携保険会社からの販売代理手数料で運営されています。

「保険見直し本舗」は全国に252店舗

全国に現在252店舗あり、すべて直営店だから安心です。

取扱っている保険会社数が40社以上であり、豊富な知識を持つFPが相談相手になるため、一人ひとりにぴったりの保険選びが可能になります。

さらに「保険見直し本舗」の強みのひとつは「取扱保険商品の多さ」です。

40社以上の保険会社と提携しており、生命保険や医療保険、学資保険など、豊富な保険商品の中から比較・検討ができます。

さらにそれらを適切に提案する知識と経験があるFPなどがおります。

各商品がもつさまざまな強みや特徴をうまくコーディネートし、相談者にぴったりの保険選びができるようにお手伝いをするのが「保険見直し本舗」の方針です。

「保険見直し本舗」注目ポイントのまとめ

  • 全国にある店舗で相談することが出来ますし、自宅や職場、喫茶店など、こちらが訪問場所を指定することも出来ます。(来店型と訪問型の両方がある)
  • 基本的には生命保険と医療保険の相談なら何でもできます。さらに、店舗によっては損害保険(自動車保険や火災保険)の相談にも応じられます
  • 取扱保険会社数が約40社と、保険ショップの中でもトップクラスの取扱い数です。
  • 「保険相談(新規・見直し)」「ご提案」「加入手続き(契約)」「アフターフォロー」など、各種サービスは何度相談してもすべて無料です。
  • 無理な勧誘行為は禁止という営業方針です。

「保険見直し本舗」の保険相談の流れ

  1. 電話かwebで保険相談の予約が出来ます。予約した上で、来店することがおすすめです
  2. 店舗でも、自宅でも保険相談出来ます。現在加入している保険の見直し診断やアドバイスをします。もちろん新規加入の相談もできます。
  3. 保険プランの提案をします。相談者の希望に合わせて、取扱保険会社40社以上の商品の中から、ぴったりの保険プランを提案します。
  4. 保険の契約をします。相談者の立場に立って、契約に至るまでしっかりサポートします。
  5. 契約後のサポート複数社まとめて各種変更手続きが可能です。相談者の保険を一元管理し、継続的にサポートします。

「保険見直し本舗」の相談内容

「保険見直し本舗」を訪れる人の具体的な相談内容として多いのは、

  • 契約している保険が現在の自分のライフスタイルに合っているか検討したい
  • 結婚したから夫婦で入れる保険に変えたいがどうすればよいか
  • 子どもができたので教育資金について考えたいが、どんな保険があるか
  • 海外旅行へ行くので保険に入りたいが調べたい
  • クルマを買い替えたので、これを機会に保険も考え直したい
  • 自分達にはどんな保険が必要なのか調べたい

など、問題意識を持った内容が多いです。

このように問題意識を持った人が来店するため、ライフプランもスムーズに立てることができます。

その人に合った保険をいくつか提案して、それを相談者が比較検討してから選べるので、契約の成約率は高く推移しています。と保険ショップの担当者は云っています。。

「保険見直し本舗」に関連した質疑応答

Q どのくらいの保険の種類から選べるのですか?

A:大手の保険ショップの現状は次のようです。・「ほけんの窓口」:生命保険会社21社、損害保険会社15社 合計36社から選択(店舗によって取り扱い保険は異なる場合もある)できます。・「保険見直し本舗」:生命保険会社28社、損害保険会社17社、取扱小額短期保険会社5社 合計50社から選択できます。・「保険クリニック」:生命保険会社22社、損害保険会社8社 合計30社から選択(渋谷店の場合。店舗によって取り扱い保険は異なる)できます。・「みつばちほけん」:生命保険会社19社、損害保険会社13社、取扱小額短期保険会社2社 合計34社から選択できます。

Q ショップへは予約が必要ですか?

A: ウェブサイトや電話で事前予約が可能です。また予約なしでも対応しています。

Q 相談に行くときに必要なものは何ですか?

A:「どういったとき、どのぐらいのお金が必要なのか」と、自分の要望を頭の中でまとめておくことよいでしょう。具体的な保険の名前や種類はわからなくても問題ありません。保険の見直しを考えている場合は、保険証券を持っていくとよりスムーズになります。

Q 保険の加入手続きまでの手順は?

A:自分の要望を伝えるとシミュレーションプランが提示されます。必要な保障内容と保障金額を算出した結果が表示されており、それをもとに複数の保険商品が提案されます。それらを比較検討して、納得できるものがあれば、契約することになります。相談に沿ってライフプランをシミュレーションするので、はっきりと予算を伝えることが必要です。ただし、割高なものを提案される可能性もありますので、よく検討することが必要です。

Q 保険会社と直接契約する場合と保険料は違うのですか?

A:保険会社と直接契約しても、保険ショップで契約しても、どの加入ルートでもユーザーが支払う保険料は同一です。保険ショップでユーザーが手数料を支払う必要はありません。
また何度相談しても相談料は無料のところがほとんどです。その場で即決する必要もありません。その理由は、保険ショップの収益源は保険会社からの保険代理店手数料が主なものとなっているためです。

「保険見直し本舗」の基本情報

項目 内容
運営会社 株式会社保険見直し本舗
設立 2001年12月18日
契約実績 80万件以上
所在地 渋谷インフォスタワー

〒150-0031 東京都渋谷区桜丘町20?1

資本金 1億円
従業員数 1,129名(2015年3月期)
相談形態 来店型、訪問型
契約実績 80万件以上
取扱保険会社数 合計40社以上

・生命保険会社:26社

・損害保険会社:18社

・少額短期保険:2社

【保険ショップ比較表】

主な保険ショップを比較するために、店舗数の順に並べて表示します。

ショップ名 店舗数 展開地域 取扱保険会社数 相談形態
ほけんの窓口 599店舗 全国 40社以上

(うち生保25社)

来店型
保険見直し本舗 229店舗 全国 40社以上

(うち生保26社)

来店型

訪問型

保険ほっとライン 178店舗 全国 31社

(うち生保12社)

来店型

訪問型

保険クリニック 173店舗以上 全国 40社以上

(うち生保24社)

来店型

訪問型

みつばちほけん 約90店舗 全国 30社

(うち生保20社)

来店型
ほけん百花 約73店舗 関東

関西

26社

(うち生保17社)

来店型
保険テラス 約73店舗 関東

関西

35社

(うち生保22社)

来店型
インシュアランス・コミュニティ 61店舗 全国 記載なし 来店型

訪問型

ライフサロン 約59店舗 全国 40社

(うち生保22社)

来店型
保険ひろば 47店舗 主に中国

と九州地方

33社

(うち生保16社)

来店型
保険相談サロンF.L.P 19店舗 主に東京

と神奈川

22社

(うち生保13社)

来店型
保険デザイン 19店舗 関西 21社

(うち生保14社)

来店型

訪問型

保険deあんしん館 14店舗 東京・千葉

茨城・神奈川

37社

(うち生保21社)

来店型

訪問型

保険のライフアシスト 約16店舗 主に新潟

と群馬

28社

(うち生保16社)

来店型

訪問型

※ 表の店舗数や取扱保険会社数は2017年2月現在のものです。

-保険相談

Copyright© 保険シューレ , 2020 All Rights Reserved.